月〜金
12:00-20:00
10:00-14:00

完全予約制

0942-27-6022
閉じる
CONTACT

ご予約・お問い合わせ

身体のお悩みは、どんな些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

ご予約は、お電話・メール・LINEでどうぞ!

閉じる
OPEN

診察時間のご案内

診察時間
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 10:00
    14:00
  • 休診

不眠症

ふみんしょう
不眠症

つらい不眠症を本気で治したい方​

不眠症治療専門たなファミなら
改善効果が実感できます!!

今現在、日本では5人に1人が不眠症の症状で悩んでいると言われています。
不眠症は女性に多く20~30歳代に始まり加齢とともに増加し中年以降急激に増加します。
小児期や青年期ではまれですが、近年の生活スタイルの変化で小学生低学年のお子様の不眠も増えてきております。

不眠症の症状

不眠症の症状としては、以下の症状が一般的です。

夜寝つきが悪い

寝付くことができても朝早く起きてしまう

起きてしまうと再び眠る事が出来なくなってしまう

長い時寝ても朝起きても体が重い、身体の疲れが抜けない

起きてもだるさがある

まだまだ寝足りない

病院に行くと 「自律神経失調症」と診断されることがあります。

また、情緒不安定やイライラなど、精神的ストレスが原因として 心療内科や精神科を勧められることがあります。

 

そのような場合、一般的な病院では薬を処方されますが 服用中は一時的に眠れるようになりますが、症状が増えたり、治まらない場合は 薬の量がだんだんと増えて、日常生活に支障が出るということも少なくありません。

 

医療技術は日々進歩し、ありとあらゆる病気が治せるまでなった現代医学でさえ、不眠を前に薬を処方するしか手立てがないのが現状です。

 

 

では原因がないのに不眠が起きるのでしょうか?

そんなことはありません。どんな症状にも原因があります。

 

しかし、病院の検査などでは出ないのです。原因は体の構造にあると考えています。

身体の「構造」とは姿勢です。

姿勢が悪くなることにより力の分散などができなくなり一定の場所に負担がかかるということです。

 

特に現代ストレス、パソコン、スマホなどの復旧により常に体が休まらず常に興奮している状態が続いているのです。これを正しい姿勢に戻すことで体の機能が正常に働くことで、休む時には副交感神経が働く様になり、症状が軽減していくのです。


まずは神経の興奮を落ち着かせるような治療が必要になってきます。

CONTACT

ご予約・お問い合わせ

身体のお悩みは、どんな些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

ご予約は、お電話・メール・LINEでどうぞ!