月〜金
12:00-20:00
10:00-14:00

完全予約制

0942-27-6022
閉じる
CONTACT

ご予約・お問い合わせ

身体のお悩みは、どんな些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。
閉じる
OPEN

診察時間のご案内

  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 10:00
    14:00
  • 休診
Blog

症状ブログ

トップページ症状ブログ自律神経が乱れる年齢とは?

自律神経が乱れる年齢とは?

自律神経が乱れる年齢とは?

自律神経が乱れ始める年齢

 

自律神経の乱れを引き起こすのはストレスや不規則な生活習慣ばかりではありません。

加齢も自律神経の働きに大きく影響すると言われています。

10~20代の若いころには副交感神経の働きが高い為、多少の無理や夜更かしをしても一晩休めれば疲れをリセットすることができます。

ところが我々のデータでは男性では30代女性では40代になるころから急激に副交感神経の働きが衰え始め交感神経優位

の状態へと偏り始めます。

交感神経が優位になると血流が悪くなり全身の機能が低下してしまうことはすでに説明の通りです。

男性では30代半ばごろから神経や筋肉に十分な栄養が供給されにくくなり、体力や筋肉の衰えが目立ちます。

事実男性トップアスリートの引退もこの年代の前後に集中します。

副交感神経の衰えが身体機能に影響を及ぼしていることは確かです。女性では40代以降、心身に様々な不調を感じやすくなります。

のぼせやめまい、動悸やイライラいった更年期特有の症状はこの時期にホルモンバランスが大きく変化することにより起こると考えられています。

集中力や判断力が衰えたり休んでも疲れが取れなかったりといった加齢による不調には自律神経が大きくかかわっています。

年齢を重ねれば自律神経の乱れは必ず起こるものと考えて早めに対策をとっておくことが必要です。

 

 

自律神経の乱れ、頭痛の方はもちろん病院で検査するも異常が見つからない方も治療ではなく相談だけでもされてください

 

色々とお話いただいて少しでも良い案が見つかればと思っています

 

当院に来られる方は良く自分の状態をお話いただいております。

なぜなら病院などでは自分の話は少ししか話せませんし先生も忙しそうなかなか長くお話を聞く事が難しいのでしょう。

当院は初めに20分程お話を聞き患者様がどんな症状で悩みどの様なことに困り、どういう風になりたいのかお聞きして

一緒に改善するように頑張っております。

施術カテゴリ

関連する部位

CONTACT

ご予約・お問い合わせ

身体のお悩みは、どんな些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。