月〜金
12:00-20:00
10:00-14:00

完全予約制

0942-27-6022
閉じる
CONTACT

ご予約・お問い合わせ

身体のお悩みは、どんな些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。
閉じる
OPEN

診察時間のご案内

  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 12:00
    20:00
  • 10:00
    14:00
  • 休診
Blog

症状ブログ

トップページ症状ブログ早くも熱中症に注意!熱中症になると頭痛…

早くも熱中症に注意!熱中症になると頭痛、吐き気、めまい、だるさなど出るので早めの対策を

早くも熱中症に注意!熱中症になると頭痛、吐き気、めまい、だるさなど出るので早めの対策を

こんにちは、たなかファミリア整骨院です!

 

5月に入り今年も暑い夏になりそうですね(*_*;

 

熱中症には十分に気を付けたいところですが皆さん対策はできていますか??

 

今からこのシーズンを乗り切るための予防と対策をご紹介していきます。

 

【対策①】シーズンを通して暑さに負けない身体作りを続けよう。

 

☆「水分を」こまめにとろう

 

のどが渇いていなくても、こまめに水分を取りましょう。

 

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもなります。

 

☆「塩分を」程よくとろう

 

過度に塩分を取る必要はありませんが、毎日の食事を通して程よく塩分を取りましょう。多雨量の汗をかく時は、特に塩分補給をしましょう。

 

ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は

相談の上その指示に従いましょう。

 

☆「睡眠環境を」快適に保とう

 

通気性や吸水性」の良い寝具を使ったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

 

☆「丈夫な体を」つくろう

 

バランスの良い食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体を作りましょう。体調管理をすることで熱中症にかかりにくい身体づくりをすることが大切です。

 

【対策②】日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしましょう

 

☆「気温と湿度を」いつも気にしましょう

 

今自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。

 

屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

 

☆「屋内を」涼しくしよう

 

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。過度の節電や「この程度の熱さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

 

☆「衣服を」工夫しよう

 

衣服を工夫して暑さを調整しましょう。衣服は麻や綿など通気性の良い生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性に優れた素材を選ぶと良いでしょう。

 

☆「日差しを」よけよう

 

ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。また、なるべく日陰を選んで歩いたり、日陰で活動したりするようにしましょう。

 

☆「冷却グッズを」みにつけよう

 

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。毎日の生活で使えるものから夏の寝苦しさを和らげるようなものまで、さまざまなグッズがあります。

 

ちなみに、首元など太い血管が体の表面近くを通ているところを冷やすと効率よく体を冷やすことができます。

 

【対策③】特に注意の必要なシーンや場所で、暑さから身を守るアクションを

 

☆「飲み物を」持ち歩こう

 

出かける際は水筒などでいつも飲み物を持ち歩き、気づいたときにすぐに水分補給できるようにしましょう。

 

☆「休憩を」こまめにとろう

 

暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなどは、こまめな休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

 

しっかり対策を行い熱中症にならない身体づくりをしましょう!!

 

関連する部位

CONTACT

ご予約・お問い合わせ

身体のお悩みは、どんな些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。